Publications

  • 論文誌
    • 對間祐穀,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“Pseudo-hapticsを用いたMR空間内での力作業支援”,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19 No.4, 2014年12月
    • 国分新,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“背面タッチパネルを用いた疑似力覚によるモバイル端末での触覚提示”,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19 No.4, 2014年12月
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“手形状変形フィードバックを利用した把持動作における硬さ知覚操作”,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19 No.4, 2014年12月
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
      “Modifying Perceived Size of a Handled Object through Hand Image Deformation”,Presence: Teleoperators and Virtual Environments, Vol.22 No.3 pp.255–270, Summer 2013
    • Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Munehiko Sato, Oribe Hayashi, LiWei Yang, Kentaro Kimura, Shinya Nishizaka, Yusuke Onojima, Yuki Ban, Yuma Muroya, Shigeo Yoshida, Michitaka Hirose:“A Virtual Train with a Container Using Visual and Auditory Representation of Train Movement”,International Journal of Creative Interfaces and Computer Graphics (IJCICG), Vol.4 No.1 pp.35-48, 2013
    • 鳴海拓志,伴祐樹,梶波崇,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張現実感を利用した食品ボリュームの操作による満腹感の操作”,情報処理学会論文誌, Vol.54 No.4, 2013年3月 [VR学会論文賞受賞]
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“手の動きの空間変調による形状知覚操作”,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.17 No.4, 2012年12月
    • 鳴海拓志,伴祐樹,藤井達也,櫻井翔,井村純,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張持久力:拡張現実を利用した重量知覚操作による力作業支援”,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.17 No.4, 2012年12月
  • 国際学会(査読付)
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “Air Haptics: Displaying feeling of contact with AR object using visuo-haptic interaction”, Siggraph 2015 Emerging Technologies, Aug. 2015.
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “Air Haptics: Displaying feeling of contact with AR object using visuo-haptic interaction”, Siggraph 2015 (talk), Aug. 2015.
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “Modifying a body perception and an actual motion by visual stimuli of distorted physical exercise, using shadow metaphor”, ASIAGRAPH, Apr. 2015.
    • Yuki Ban, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “High-Definition Digital Display Case with the Image-based Interaction”, IEEE Virtual Reality 2015 (Poster), Mar. 2015.
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “MagicPot360: Free Viewpoint shape Display Modifying the Perception of shape”, IEEE Virtual Reality 2015, Mar. 2015.
    • Yuki Ban, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Improving Work Productivity by Controlling the Time Rate Displayed by the Virtual Clock”, The 6th Augmented Human. Jan. 2015.
    • Sho Sakurai, Yuki Ban, Toki Katsumura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Communious Mouse: A Mouse Interface to Experience Emotion in Remarks on The Web by Extending and Modulating One’s Body Image”, SIGGRAPH ASIA 2014 Emerging Technologies. Dec. 2014.
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “Displaying Shapes with Various Types of Surfaces using Visuo-Haptic Interaction”, The 20th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST), Nov. 2014
    • Yuki Taima, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “Controlling Fatigue while Lifting Objects using Pseudo-haptics in a Mixed Reality Space”, Haptics Symposium 2014, Feb. 2014
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “Controlling Perceived Stiffness of Pinched Objects Using Visual Feedback of Hand Deformation”, Haptics Symposium 2014, Feb. 2014
    • Arata Kokubun, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “Representing Normal and Shearing Forces on the Mobile Device with Visuo-haptic Interaction and a Rear Touch Interface”, Haptics Symposium 2014, Feb. 2014
    • Arata Kokubun, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose : “ARAtouch: Visuo-haptic Interaction with Mobile Rear Touch Interface”, ACM SIGGRAPH ASIA 2013 Emerging Technologies, December 2013
    • Sho Sakurai, Takuji Narumi, Yuki Ban, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Affecting Our Perception of Satiety by Changing The Size of Virtual Dishes Projected with a Tabletop Display”, HCII2013, July 2013
    • Arata Kokubun, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Visuo-haptic interaction with mobile rear touch interface”, SIGGRAPH2013 Posters, 38:1, July 2013
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose : “Pot the magic pot: interactive modification of the perceived angular shape”, SIGGRAPH2013 Posters, 37:1, July 2013
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tatsuya Fujii, Sho Sakurai, Jun Imura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose : “Augmented Endurance: Controlling Fatigue while Handling Objects by Affecting Weight Perception using Augmented Reality”, CHI2013, April 2013
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Modifying an Identified Position of Edged Shapes Using Pseudo-Haptic Effects”, The 18th ACM symposium on virtual reality software and technology (VRST2012), Dec. 2012
    • Takuji Narumi, Yuki Ban, Takashi kajinami, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : ”Augmented Satiety: Interactive Nutritional Intake Controller”, SIGGRAPH Asia 2012 Emerging Technologies, Nov. 2012
    • Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Munehiko Sato, Oribe Hayashi, Yang LiWei, Kentaro Kimura, Shinya Nishizaka, Yusuke Onojima, Yuki Ban, Yuma Muroya, Shigeo Yoshida and Michitaka Hirose : “Train Window of Container: Visual and Auditory Representation of Train Movement”, ACM ACE 2012, Nov. 2012
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Modifying an Identified Size of Objects Handled with Two Fingers Using Pseudo-Haptic Effects”, Joint Virtual Reality Conference 2012, Oct. 2012
    • Sho Sakurai, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Augmented Dining Table for Affecting Our Food Consumption”, Joint Virtual Reality Conference 2012 (Poster), Oct. 2012
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Magic Pot: Interactive Metamorphosis of the Perceived Shape”, SIGGRAPH ’12: ACM SIGGRAPH 2012 Emerging Technologies, Aug. 2012
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Magic Pot: Interactive Metamorphosis of the Perceived Shape”, SIGGRAPH ’12: ACM SIGGRAPH 2012 Posters, Aug. 2012
    • Yuki Ban, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose: Modifying an Identified Angle of Edged Shapes Using Pseudo-Haptic Effects, EuroHaptics 2012, Jun. 2012
    • Takuji Narumi, Yuki Ban, Takashi kajinami, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : ”Augmented Perception of Satiety: Controlling Food Consumption by Changing Apparent Size of Food with Augmented Reality”, CHI2012, May 2012
    • Yuki Ban, Takashi kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : ”Modifying an Identified Curved Surface Shape Using Pseudo-Haptic Effect”, The 2012 IEEE Haptics Symposium (HAPTICS2012), Mar. 2012
    • Yuki Ban, Takashi kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : ”Basic study on the visual-haptic system to give a sense of shape using pseudo-haptic effects”, IMRF2011, Oct. 2011
    • Yuki Ban, Takashi kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : ” Meta-ryoshka: haptic illusion on perceiving shape”, SIGGRAPH ’11: ACM SIGGRAPH 2011 Posters, Aug. 2011
  • 国際学会(査読無)
      Yuki Ban, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Virtual Jizai-Ryu: Hi-fidelity Interactive Virtual Exhibit with Digital Display Case”,HCII2015 Aug. 2015
  • 国内学会(査読付)
    • 鳴海拓志,伴祐樹,梶波崇,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張満腹感:拡張現実を利用した食品の見た目の操作による満腹感のコントロール”,インタラクション2012, 2012年3月
  • 国内学会(査読無)
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“自己接触感を利用したバーチャル物体把持感の提示”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会, 2015年9月
    • 鳴海拓志,伴祐樹,谷川智洋,廣瀬通孝:“押下圧力計測に基づく視触力覚相互作用の評価”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会, 2015年9月
    • 宇治土公雄介,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“タッチパネル上での反復動作におけるPseudo-haptics”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会, 2015年9月
    • 西村邦裕,青木貴司,竹内俊貴,坂田理美,伴祐樹:“時計の表示時間速度制御による作業効率向上手法の検討”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会, 2015年9月
    • 櫻井翔,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“時計の表示時間速度制御による作業効率向上手法の検討”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会, 2015年9月
    • 野元彰,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“visuo-hapticsを用いた作業精度向上支援手法の基礎的検討”,マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2015, 2015年6月
    • 松尾宇人,伴祐樹,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“メディア技術による摂食量調整に関する基礎的検討”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,第15回香り・味と生体情報研究会, 2015年3月
    • 国分新,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“背面タッチパネルを用いた手の画像の変調提示による擬似力覚の生成”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会, 2014年9月
    • 對間祐毅,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“Pseudo-hapticsによる全天周映像鑑賞時の行動誘発”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会, 2014年9月
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“視触覚間相互作用を利用した不連続面を含む三次元曲面に対する形状知覚操作”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会, 2014年9月
    • 櫻井翔,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“時計メタファを利用した時間表示速度制御による時間感覚変容手法の基礎検討”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会, 2014年9月
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“視触覚間相互作用を用いた自由視点形状提示システム”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会, 2013年9月
    • 對間祐毅,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張現実感を利用した物体の明度操作による重量知覚および作業疲労の操作手法の基礎検討”,マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2013, 2013年6月
    • 国分新,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“見かけの移動量の操作による持ち上げ時重量知覚の操作”,マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2013, 2013年6月
    • 伴祐樹,国分新,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“背面タッチパネルを利用した視触覚融合提示に関する基礎的検討”,信学技報, 2012年9月
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“手形状変形フィードバックによるPsuedo-haptics効果を用いた形状知覚操作”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第17回大会, 2012年9月
    • 櫻井翔,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“テーブルトップ型拡張満腹感システムに関する基礎的検討”,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第17回大会, 2012年9月
    • 宇塚貴紀,伴祐樹,木山亮,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“VR空間でのインタラクションにおけるしっくり感の定量評価”,マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2012-10 pp.73-78, 2012年6月
    • 藤井達也,伴祐樹,井村純,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張現実感を利用した物体の明度操作による重量知覚および作業疲労の操作手法の基礎検討”,マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2012-10 pp.67-72, 2012年6月
    • 鳴海拓志,伴祐樹,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張現実感による満腹感の操作に関する基礎的検討”,マルチメディア・仮想環境基礎研究会, MVE2011-43 pp.63-68, 2011年11月
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:”free wild shadow: kinectを用いた影とのインタラクション誘発システム”,エンタテイメントコンピューティング2011 ,01A-02,2011年10月
    • 伴祐樹,梶波崇,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:”視触覚融合を利用した凹凸の配置に関する知覚操作”,第16回日本バーチャルリアリティ学会大会 ,2011年9月
    • 伴祐樹,梶波崇,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:”Pseudo-Hapticsを利用した三次元曲面の形状知覚操作に関する基礎的検討”,MVE人工現実感 (VR学会と共催,HI学会SIGVR,ITE-HIと連催),2011年6月
    • 伴祐樹,梶波崇,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:”Pseudo-Hapticsを利用した形状提示のための視触力覚システムに関する基礎的検討”,MVE人工現実感 (VR学会と共催,HI学会SIGVR,ITE-HIと連催),2011年1月
  • 展示
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “Air Haptics: Displaying feeling of contact with AR object using visuo-haptic interaction”, Siggraph 2015, Aug. 2015.
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose :
      “MagicPot360: Free Viewpoint shape Display Modifying the Perception of shape”, IEEE Virtual Reality 2015, May 2015.
    • 国分新,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“ARAtouch: 背面タッチパネルと視触覚融合を利用したモバイル向け触覚提示”,CEATEC 2013,幕張メッセ,2013年10月1-5日
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“視覚触覚間相互作用を利用した形状提示システム”,CEDEC 2013,パシフィコ横浜,2013年8月21-23日
    • Tomohiro Tanikawa and Yuki Ban : “The Meta Cookie Experiment”, Digital Olfaction Society First World Congress,Ritz Carlton, Berlin Germany, 11-12 Apr. 2013
    • 鳴海拓志,伴祐樹,櫻井翔,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張満腹感”,ナレッジキャピタルアワードver.0「アジア学生クリエイティブEX.」,大阪市中央公会堂,2012年12月13日
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“MagicPot”,第25回 日本内視鏡外科学会総会,パシフィコ横浜,2012年12月6-8日
    • Takuji Narumi, Yuki Ban, Sho Sakurai, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Augmented Satiety”, the 19th International Display Workshops / Asia Display 2012 (IDW/AD2012),Kyoto International Conference Center, 4-7 Dec. 2012
    • Takuji Narumi, Yuki Ban, Takashi kajinami, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : ”Augmented Satiety: Interactive Nutritional Intake Controller”, SIGGRAPH Asia 2012 Emerging Technologies, 29 Nov. – 1 Dec. 2012
    • 鳴海拓志,伴祐樹,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張満腹感”,Digital Content Epo 2012 Innovative Technologies,日本科学未来館,2012年10月25日-27日
    • 鳴海拓志,伴祐樹,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張満腹感”,パターン認識・メディア理解研究会,幕張メッセ,2012年10月5日
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“Magic Pot: 視触覚融合を利用したインタラクティブ形状提示システム”,CEATEC2012,幕張メッセ,2012年10月2-6日
    • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose : “Magic Pot: Interactive Metamorphosis of the Perceived Shape”, SIGGRAPH ’12: ACM SIGGRAPH 2012 Emerging Technologies, 5-9 Aug. 2012
    • 鳴海拓志,伴祐樹,谷川智洋,廣瀬通孝:“拡張満腹感”,URCF定期総会,日本科学未来館,2012年6月7日
    • 伴祐樹:“うしろのしょうめん”,東京大学 第13回制作展 Re:,東京大学 本郷キャンパス,2011年12月2-7日
    • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:”free wild shadow: kinectを用いた影とのインタラクション誘発システム”,エンタテイメントコンピューティング2011デモ展示 ,06C-18,2011年10月9日
    • 伴祐樹,梶波崇,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:”視触覚融合を利用した凹凸の配置に関する知覚操作”,第16回日本バーチャルリアリティ学会大会 技術展示 ,2011年9月20-22日
    • 伴祐樹:“うしろのしょうめん”,東京大学 制作展 エクストラ2011,東京大学 本郷キャンパス,2011年7月6-7日
    • 伴祐樹,梶波崇,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:“視触覚融合を用いた形状提示システム”,URCF定期総会,日本科学未来館,2011年 6月16日
  • 報道
    • 「無意識」に作用、仕事の効率向上 NTT、入力操作に視覚活用 東大、秒針速め作業素早く, 日本経済新聞14面, 2015年5月12日
    • 拡張満腹感, NHKネクストワールド第四回, 2015年1月25日
    • “ダイエット最新事情教えます 脳と肥満のミステリー”(拡張満腹感), TBS世界ふしぎ発見, 2014年5月24日
    • “その気にさせる新技術 満足感そのままで食事量減”(拡張満腹感,拡張満腹感テーブルトップ), 日本産業新聞8面, 2014年5月13日
    • “探索ラボ 東京大学広瀬・谷川研究室”(拡張満腹感), 読売新聞朝刊35面, 2014年4月20日
    • “どうなる?未来のシティボーイライフ”(拡張満腹感), POPEYE804(2014年4月号), 2014年3月10日
    • “脳の「錯覚」で新ビジネス 食事減っても満腹感 装置握れば「道案内」”(拡張満腹感), 日経新聞夕刊1面, 2014年1月30日
    • “SIGGRAPH ASIA Report”(ARATouch), Software Design 2014年2月号, 2014年1月
    • “現実とゲームの世界は「PS5」で区別がなくなる”(ARATouch), アスキークラウド 2013年12月号, 2013年10月24日
    • “脳を操るだましの術 バーチャルリアリティーの可能性”(拡張満腹感,Magic Pot),朝日新聞朝刊 23面,2013年7月29日
    • “錯覚のミステリー なぜ脳はだまされるのか?”(Magic Pot),BSフジ ガリレオX,2013年4月28日
    • “研究最前線 第40回 拡張満腹感”,関塾TIMES 2013年6月号,2013年6月1日
    • “SF映画のような新兵器 見掛けで満腹感を制御”(拡張満腹感),岐阜新聞,2012年12月27日
    • “SF映画のような新兵器 見掛けで満腹感を制御”(拡張満腹感),日本海新聞,2012年12月12日
    • “monoの大捜査線 これってダイエットメガネ? いえいえ実はARなんです!”,monoマガジン,No.682,pp.120-121,2012年11月16日
    • “DCEXPO2012”(拡張満腹感),J-WAVE Hello World,2012年10月30日
    • “Jamie on the Go クッキーが大きくなる?「拡張満腹感」を東大で体験”,週刊英和新聞Asahi Weekly 6面,2012年10月26日
    • “車のバック時,背後を「透視」映像技術が進化 デジタルコンテンツエキスポ開幕”(拡張満腹感),日本経済新聞,2012年10月26日
    • “近未来のデジタル技術を体験”(拡張満腹感),日本テレビ スッキリ,2012年10月25日
    • “拡張満腹感”,フジテレビ 知りたがり,2012年10月25日
    • “デジタルで変わる近未来生活”(拡張満腹感),テレビ東京 ワールドビジネスサテライト,2012年10月25日
    • “暮らしに役立つ最新バーチャルリアリティ”(拡張満腹感),NHK おはよう日本,2012年10月25日
    • “ダイエットメガネ”,NHK 堂本光一のNEWS LABO,2012年8月17日
    • “成人病も予防? 味まで変える「驚異の錯覚」”(拡張満腹感), テレビ朝日 モーニングバード,2012年7月16日
    • “拡張満腹感”,文化放送 くにまるジャパン,2012年6月8日
    • “噂の検証2012”(拡張満腹感),日本テレビ スッキリ,2012年6月8日
    • “食べ物だけ映像アップ「満腹感」もアップ”(拡張満腹感),朝日新聞朝刊 33面,2012年6月8日
    • “Japan `diet goggles’ fool warers into eating less”(拡張満腹感),AFP,2012年6月5日 [link]
    • “噂の検証2012”(拡張満腹感),TBSラジオ GAKU-Shock,2012年6月3日
    • Japoneses afirmam que tamanho do apetite esta ligado ao dos alimentos”(拡張満腹感),TV GLOBO Jornal Nacional,2012年6月2日
    • “噂の検証2012”(拡張満腹感),エンターブレイン オトナファミ,2012年5月19日
    • “拡張満腹感”,TBS 健康カプセル!ゲンキの時間,2012年5月12日
    • “拡張満腹感”,フジテレビ とくダネ!,2012年5月4日
    • “拡張満腹感”,日本放送 上柳昌彦のごごばん!,2012年5月2日
    • “拡張満腹感”,テレビ朝日 スーパーJチャンネル,2012年4月24日
    • “Diet goggles serve food for thought(拡張満腹感)”,REUTERS,2012年4月23日 [link]
    • “拡張満腹感”,CBCラジオ 多田しげおの気分爽快!,2012年4月16日
    • “拡張満腹感”,毎日放送 ちちんぷいぷい,2012年4月13日
    • “拡張満腹感”,TBSラジオ 森本毅郎・スタンバイ!,2012年4月10日
    • ““最新メガネ”続々開発 ダイエットに“スマホ機能”も”(拡張満腹感),日テレ NEWS24,2012年4月6日
    • “メガネにダイエット効果!?”(拡張満腹感),日テレ news every,2012年4月6日
    • “メガネにダイエット効果!?”(拡張満腹感),日テレ ZIP!,2012年4月6日
    • “メガネにダイエット効果!?”(拡張満腹感),日テレ NEWS ZERO,2012年4月6日
    • “ダイエットめがね”(拡張満腹感),TOKYO FM クロノス,2012年4月4日
    • “ダイエットメガネ”(拡張満腹感),TBS Nスタ,2012年4月4日
    • “食べ物大きく見せ満腹感”,日本テレビ スッキリ!,2012年4月4日
    • “食べ物大きく見せ満腹感”,テレビ朝日 やじうまワイド,2012年4月4日
    • “食べ物大きく見せ満腹感”,読売新聞 夕刊 13面,2012年4月3日
    • “うしろのしょうめん”,東京ケーブルネットワーク たば☆さとGO!,2011年12月06日 [link]
    • “メタリョーシカ”,NHK 総合 五感の迷宮,2011年10月29日
  • 賞罰等
    • Pseudo-hapticsを用いたMR空間内での力作業支援,日本バーチャルリアリティ学会論文賞,2015年9月
    • “MagicPot360: Free Viewpoint shape Display Modifying the Perception of shape”, IEEE VR 2015 Best Demo Award,2015年3月
    • 拡張持久力:拡張現実を利用した重量知覚操作による力作業支援,日本バーチャルリアリティ学会論文賞,2013年9月
    • 三浦賞,日本機械学会,2013年3月
    • “拡張現実感を利用した物体の明度操作による重量知覚および作業疲労の操作手法の基礎検討”,ヒューマンコミュニケーション賞,2012年12月
    • “Modifying an Identified Size of Objects Handled with Two Fingers Using Pseudo-Haptic Effects”, JVRC 2012 Best Paper Award,2012年10月
    • “拡張満腹感”,経済産業省 Innovative Technologies,2012年10月
    • “拡張現実感を利用した物体の明度操作による重量知覚および作業疲労の操作手法の基礎検討”,MVE賞,2012年9月
    • “視触覚融合を利用した凹凸の配置に関する知覚操作”,日本VR学会学術奨励賞,2012年3月
    • “はなことば”,第二回クックパッド24開発コンテスト 優勝,2011年4月
    • “Anteroom”,ジャフコビジネスコンテスト ファイナリスト,2010年6月
    • “天気図つ”,第一回クックパッド24開発コンテスト 三位入賞,2010年4月
    • “大乱闘デュエルモンスターズ”,東京大学機械情報工学科3年自主プロジェクト ハイテク賞,2010年1月
  • その他登壇
    • “SIGGRAPH2015 Emerging Technologies 参加報告”,シーグラフ東京 第68回セミナー,2015.09.11
    • “視触覚間相互作用を用いた形状知覚操作”,第6回テレイグジスタンス研究会,2015.06.05
    • “Modifying Perception of Object’s Features Using Visuo-Haptic Interaction”,NTU – UT Virtual Reality Workshop,2015.04.27
    • “世界を目指せ! ~トップコンファレンス採択論文紹介~”,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,2013.09.20
    • “SIGGRAPH 2012 日本勢が活躍する最新技術展示の実情”,ビジュアリゼーションカンファレンス2012,2012.12.3
    • “SIGGRAPH2012 Emerging Technologies 参加報告”,シーグラフ東京 第65回セミナー,2012.08.31
    • “Modification of an Identified Shape Based on Visuo-haptic Interaction”,TodaiForum2011@Paris,Next Generation of Virtual Reality Symposium,2011.10.18